予備校による違い

勉強をしている男性と女性

医学部合格のために多くの学生が通うのが予備校です。
医学部予備校には大きく分けてふたつの種類があり、大手予備校と専門予備校がそれになります。
大手には大手の、専門には専門の良さや特徴があり、同時にデメリットも存在します。
まずはこのふたつの医学部予備校に関する特徴を抑えておきましょう。

まず大手と呼ばれるものから紹介したいと思います。
こちらはなんといっても圧倒的な生徒数と充実した設備の数々、そして膨大な数のデータや資料を持っていることが大きな特徴でしょう。
テレビなどのメディアでも話題となっていた人気有名講師というのもこういった大手予備校に在籍していることがほとんどです。
毎年多くの生徒を抱えることから、膨大な量のデータを収集することができ、それをもとにして全国順位やボーダーラインなどの計測をすることが可能となっています。
これにより生徒各自が自分のレベルを把握することができるのです。
しかし、その生徒数の多さから、個人個人への充分なアドバイスができないというデメリットもあります。
多くの生徒に同時に授業を進めていく必要があるため、出遅れた生徒に時間を費やす余裕がないのです。

一方で専門予備校はどうでしょうか。
こちらの場合、抱える生徒数は少人数である場合が多いです。
そのため大手予備校ほどのデータをとることはできませんが、その分生徒一人一人に手厚いサポートをすることが可能となっています。
少人数であるがゆえに各生徒の進み具合や苦手な分野をしっかり把握し、適切なアドバイスをすることができるのです。
また、医学部合格に特化していることから、例年の医学部受験に関する情報量はピカイチでしょう。
毎年の試験傾向や医学部合格のためのテクニックといったこともしっかり押さえているのです。

 
© Copyright 2016 正しい予備校選びをして医学部合格を目指そう All Rights Reserved | Website Template By luiszuno modified by OS Templates